勝ちトレードへ繋げる為に!負けトレードを分析解説しました

スポンサーリンク
負けトレードアイキャッチトレード関係

皆さんこんにちはヾ(o゚ω゚o)ノ゙

先日のトレードは
ブログ開設以降初の損切りで終わってしまいました。

トレードを続けていけば
損切りで終わるトレードも当然あります。

誰だって損切りトレードはしたくないし辛いものです
出来れば間違ったトレードは見たくないですよね💦

ただ、損切トレードを振り返る事で
今後のトレードを向上出来る一番の教材なんです!

  • 何故負けトレードを行ってしまったか
  • 負けトレードの何がダメだったか

僕自身この二点を考えるようになって少しづつ負けトレードが減るようになりました!

なので今回は、前回のトレードを元に
負けトレードの振り返り方についてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

負けたトレードを見る

先ずは負けたトレードをそのまま見ます。

重要なのは事実だけをそのまま拾い上げることです

今回で例えると

  • 下落の戻り売り狙いでショートエントリー
  • 4Hミドルで反発
  • 戻り高値を超えて損切り

となります。

『〇〇だと思った』『〇〇になりそうだった』等の予想は捨てて
ありのままの事実を書き出しましょう。

何故負けトレードになったか考える

事実を書き出したら、次は負けトレードになった原因を考えてみましょう。

  • エントリー前
  • エントリー時
  • 保有中

の三場面から見ていきます。

エントリー前(トレード外の要因)

トレードとは関係のない自己都合やメンタル的な原因は無かったか考えます。

今回で言えば資金が二倍になる手前のトレードだったというのが大きな要因に思えます。

エントリー時(トレード前の要因)

環境認識やエントリー根拠の甘さが無かったか考えます。

前回のブログの通り

下落基調の一回目の戻り売りを狙ったトレード

とはっきりしていたので今回は問題なしとさせてもらいます。

保有中(トレード中の要因)

トレード中の考え方や利確根拠に問題が無かったか考えます。

今回は『4Hミドルで反発したのに保有し続けた』

ところに大きな要因があると考えています。

原因から反省点を考える

負けトレードになった原因を探った結果

証拠金の二倍達成がかかったトレード。
エントリーポイントは良かったが懸念点であった4Hミドルで反発。
撤退も考えたが二倍達成しておらず再下落を期待し保有。

ということが分かりました。

ここから反省することは

金額を気にせずチャートの形を追う

もし4Hミドルの時点で二倍になってても保有したか?
と自問したら多分利確していたでしょう。

自分のポジションに都合の良いバイアスをかけず、常にフラットな目線で監視していくべきでした。

4HミドルからWボトムを考えておく

これについては出来ていましたが

損切りする場合のシナリオもエントリー時に決めておくことです。

絶対にそこでは損切りするという最終撤退ラインは必ず決めておきましょう。

さいごに トレードノートのすすめ

今回は負けトレードの振り返りをしてきましたが
僕はこれをトレードノートに記入しながらやっていました。

そうすることによって

  • 自分がやりがちなミスの特定
  • ミスしやすい環境の把握
  • 苦手なエントリー手法

が良くわかり、トレードスキルがかなり上達しました!ヽ(゚∀゚)ノ

まだトレードノートを書いたことが無い人は是非お勧めします!

記事が良かったと思ったら応援お願いします

人気ブログランキング

トレード関係
ToMoをフォローする
スポンサーリンク
ToMo

仮想通貨ブームからトレードを開始
Twitterや他コミュニティでアウトプットし続け、月間プラス収支へ。
 Vtuberとして動画制作を開始。

プロトレーダー目指し日々勉強中。
TradingView公開中

ToMoをフォローする
FXのとも

コメント

  1. ワフー より:

    初コメントさせてもらいます(^^)
    負けた後の分析大事ですね♪
    負け方を減らせば自然と勝ちに繋がりますもんね(^。^)

    僕ももっと振り返りに力を入れないと…笑

    • ToMoToMo より:

      コメントありがとうございます

      負けトレードの振り返りはホントど大事だと思います!
      負ける形が分かればそれをやらなければ良いだけなので

タイトルとURLをコピーしました